カルシウムは体内で合成できないので、食べ物から摂取する必要があります。体内にあるカルシウムの99%は骨や歯の形成に使われています。骨はカルシウム貯蓄所としての役割も果たしていて、残りの1%は血液中や細胞に存在しています。
  • 骨や歯などの硬組織を作る
  • 血液をアルカリ性にし、凝固作用に関与
  • 神経の情報伝達に不可欠
  • 心筋の収縮作用に関与
  • 筋肉の興奮を抑制
  • 神経の感受性を抑制
  • 酵素の働きを助ける
  • ホルモン分泌の調整
カルシウムは細胞が正常に活動するためのとても大事な役目を担っていて、血液中でカルシウムの濃度が一定に保たれることで、身体の様々な機能が正常に働きます。そのため血液中のカルシウムが不足してくると骨に貯蔵されているカルシウムが血液中に溶けだし、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとします。骨の貯蔵量が少なくなると骨はスカスカになり、骨粗しょう症になってしまいます。カルシウムは一生を通じて十分な補給が大切なミネラルですが、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンKを同時に摂取したり、適度な運動をすることで、カルシウムの機能を高めます。

カルシウムパラドックスとは

体の骨以外に存在する1%のカルシウムは、細胞で命を支える大切な働きをしています。だから、カルシウムが不足すると、細胞の働きを維持するために自分の骨を溶かしますが、これが過剰に体内に出てくる場合があります。カルシウム不足を補うはずのこの作用が、かえって人体に悪影響を与えてしまう場合があるのです。この現象を「カルシウムパラドックス」と言います。

カルシウムパラドックスは、以下のような流れで起こります。

カルシウムが不足すると骨からカルシウムが溶け出し体の中に過剰にCaが増える現象

細胞に沈着したカルシウムは、老化・生活習慣病の原因に

細胞に沈着したカルシウムは、細胞の働きを低下させ、生活習慣病などの原因になります。
例えば…

血管に沈着したカルシウムは、動脈硬化を引き起こし、血管障害の根本原因に

カルシウムが血管に沈着すると、血管が収縮・硬化して動脈硬化を引き起こし、血管障害の原因になります。
例えば…

骨に沈着したカルシウムは、神経圧迫による障害の根本原因に

カルシウムが背骨に沈着すると、
骨の変形・ずれを引き起こし、
背骨を通る脊髄神経を圧迫して、
神経圧迫障害の原因となります。

悪玉カルシウムと善玉カルシウム

骨から溶け出し、色々な部位に沈着を起こすカルシウムを“悪玉カルシウム”と呼ぶとすれば、野菜・小魚・海藻等に含まれるカルシウムは沈着をせず、細胞で働き、骨を元気にしてくれます。食べ物から摂るカルシウムは「善玉カルシウム」と言えます。同じカルシウムでも、「悪玉カルシウム」と「善玉カルシウム」があるのです。

悪玉カルシウムとは?

骨・血管・細胞に沈着するカルシウム

なぜ骨から溶け出したカルシウムは、悪玉カルシウムと呼ばれるのでしょうか。それは骨から溶け出したカルシウムはイオン化が強く、その作用が過敏で、いろいろなストレス部位に沈着し易いためです。 イオン化 (活性)カルシウムは、吸収が良いためカルシウム製剤として市販されているものがあります。一般的に、カルシウムの吸収率は20~30%と低いため、その吸収を高めるために考えられたのが「イオン化カルシウム・活性カルシウム」です。これは人工的にイオン化して吸収を良くしたもので、確かに吸収率は良くなりますが、イオン化が強いために目的地の骨にたどり着く前に、血管や細胞に入り込みやすく、いろいろな病気の原因となるといわれています。

善玉カルシウムとは?

血管・細胞に沈着せず、骨を元気にするカルシウム。

非活性カルシウムは活性カルシウムと比較してイオン化が弱いカルシウムで、沈着を起こすことなく細胞で働き骨を元気にしてくれます。本来であれば、小魚や野菜・海藻などカルシウム分を多く含む自然の食品を摂ればよいわけですが、必要量を取るのに限界があります。八雲貝カルシウムは、漢方薬の原料にも使われることもあり、医師による長年に渡る臨床観察によって、骨を元気にし、必要のないところに沈着を起こさない自然の食品同様の“善玉カルシウム”の一種といわれています。

カルシウムの多い食品

基準は厚生省が発表している成人のカルシウム摂取量である600mg/日を目安に 考えてみましょう。たとえば牛乳なら 1日4~5本(1.8L)、真いわしなら16尾、小松菜なら6束、豆腐なら6丁、納豆なら46個、チーズなら15個といったところです。実は、毎日の食事から十分なカルシウム量を摂ることは以外に大変なのです。
主な食品のカルシウム含有量
(CLINICAL CALCIUM 4(5)1994)